子供部屋の間取り

住宅の子供部屋の間取りについて

住宅の子供部屋の間取り

子供部屋の間取りに工夫のある住宅を選びたい時には、実績のあるメーカーのパンフレットやカタログなどの内容に目を通しておくことが欠かせません。また、腕利きのスタッフがそろっている業者からアドバイスを受けることで、子供部屋のデザインやレイアウトなどにこだわることが可能となります。現在のところ、住み心地の良い住宅の価格帯に注目をしている人が少なくありませんが、プロの業者に相談をしつつ、様々な部屋の間取りを確認することによって、たとえ初心者であっても、魅力ある契約先を見つけることができるといわれています。

子供部屋は狭くなる傾向にある

現在では、敢えてテレビやパソコンがあり家族の集まるリビングで勉強させる一般家庭が多く、子供部屋にはテレビやパソコンも置かず寝る為だけのスペースとして兎に角狭くと4.5畳程度の間取りの住宅が増えています。しかし、理想としてはクローゼットなどの収納を別にして6畳程度はあった方が良いと考えている保護者がほとんどです。その為、住宅のデットスペースとなる小屋裏部分をロフトとして利用したり、ベットの下に整理タンスや勉強机を組み込んだオシャレなロフトシステムベットなどでスペースを確保する保護者が増えています。

↑PAGE TOP